2006年09月06日

 てんかんとは?

私自身まだまだ知識不足です。
つい先日てんかん協会主催の「てんかん講座」に参加しました。
そこで聞いた事や調べた事などを簡単にですが少しここで紹介しておこうと思います。

てんかんの発症には先天的なものと、腫瘍による脳の圧迫などや事故による
頭部外傷等の後天的なものがあります。
脳神経細胞の異常興奮による過剰放電により、本人には自覚がないまま
一過性の何らかの動作(発作=不随意運動)をしてしまう慢性の脳疾患です。

発作でよく知られているのは、ケイレン・全身硬直・意識喪失でしょう。
ここでは先日頂いた資料から発作の分類を紹介します。

●部分発作
 ・単純部分発作(意識障害を伴わない)
   運動発作・感覚発作・自律神経発作・精神発作
 ・複雑部分発作(意識障害を伴う)
 ・全般発作に発展する部分発作
●全般発作(けいれん性・非けいれん性)
 ・欠神発作 *ボーっとする
 ・ミオクロニー発作 *急にピクン!
 ・間代発作 *ガクガク震える
 ・強直発作 *ビクーン!!
 ・強直間代発作 *順に繰り返す
 ・脱力発作(失立発作) *カックンと操り人形の糸を切った様な状態
●未分類てんかん発作

このように分類されるそうです。発作の種類は本当に多種多彩・・・
私自身把握しきれていません。

現代医学での治療は薬物療法が主体で様々な種類の坑てんかん薬が
用いられています。
この服薬は、神経細胞の異常興奮による放電を抑え発作頻度を抑制・軽減して
周囲のまともな神経細胞への放電の伝搬を阻止する働きをします。
よって病気の本体である脳神経細胞の修復をするモノではありません。
発作をコントロールする為には、薬を長期間飲む必要があり
欠かさず飲み続ける事から副作用も有ります。
しかし先日の講座で、最近は脳外科手術なども行われてきていると聞きました。
もちろんすべての症例が対象となる訳ではありませんが・・・

てんかんは、長く付き合っていかなくてはならない病気です。
若のために少しでも多く理解していきたいと思います。
【関連する記事】
posted by よつば at 11:00| Comment(5) | TrackBack(2) | てんかんについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
てんかんも勉強しておきたい病気の1つです。
いつ我が子がなってもおかしくないですからね・・
てんかん=けいれんくらいしか知りませんでした。
また情報があったら記事にアップしてください。
勉強させてもらいたいと思います。
Posted by くれよん at 2007年01月29日 13:06
「勉強させて」なんてとんでもないです(>_<)
私は全然勉強不足なので参考になんて出来ないと思いますよ。でも新しい資料が入ったらここにUPするつもりです。そのときは又見てみて下さい<(_ _)>

Posted by >くれよんさんへ at 2007年01月29日 18:30
はじめまして。
息子がてんかんと診断され、どうしていいものか試行錯誤の毎日を送っています。
また参考にさせていただきます
Posted by こころ at 2009年02月06日 12:35
こちらこそはじめまして(*^_^*)
私のブログでこころさんのお役に立てるでしょうか?
少しでもお役に立てれば幸いです。
てんかんは基本的に長く付き合っていく病気です。
息子さんの症状がどの程度か分かりませんが
気長に付き合ってあげることが大事だと思います。
ネットで沢山の情報を得ることは出来ますが
まずは息子さんの症状がどういった種類かを見定めなくてはいけませんね。
Posted by >こころさんへ at 2009年02月09日 18:39
自分は今年で15年目のてんかん患者です。病名は側頭葉てんかんです。側頭葉てんかんは手術では治せず薬品治療と栄養治療で発作を抑えています。自分がこの病気になったのは車の事故による後遺症です。最初は自分でも分からず、八つ当たりしたりとしました。今では栄養治療法も見つけてなんとか発作を抑えています。普通の仕事ができるように自分も講義には何度もいきました。でも、未だにてんかんを白い目で見る人、すぐ救急車を呼ぶ人もいます自分の家族も、恥ずかしながらてんかんを詳しく知らないのです。
たしかに、てんかんは余り知られていませんし、はっきりとした治療法も見つかっていません。
数少ない情報をみつけて、何とかやってみる気です。発作は治すものじゃなく、押さえるものです。
ホント気が遠くなる病気なんです。
でも、この病気を紹介してくれてありがとうございます。
また、てんかんの情報があれば載せたいと思います。
Posted by ナオキ at 2011年04月07日 13:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23342138

この記事へのトラックバック

高次脳機能障害ポケットマニュアル
Excerpt: 高次脳機能障害へのアプローチがわかりやすく記載されていて、臨床実習などでも有用しました。ポケットサイズのわりに内容は非常に充実していると思います。ポケット判の割りに内容も豊富でしかもよく整理して書かれ..
Weblog: 脳疾患のレス
Tracked: 2008-02-01 22:14

てんかんの名医がいる神経内科をお探しの方へ
Excerpt: てんかんの名医がいる神経内科を探している方の中には、不治の病だと思い込んでいることもあると思いますが、それは誤解です。多くの場合に...
Weblog: 神経内科の名医がいる病院をお探しの方へ
Tracked: 2008-09-05 18:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。