2006年09月05日

 火傷…再診

今朝病院へ行ってきました。
こちらは、久しぶりに朝から雨結構強めに降ってて半袖だと寒いくらい。
玄関口で雨を見た若は、「つゅめた〜い」「かさ〜」と出る気満々。

殿を先に保育園へ送りそのまま出発車(RV)
そこで殿ったら珍しくすっごくお兄ちゃんな発言るんるん
「ママは若とお医者さんでしょ!僕一人で行けるからね。」と言って保育園の玄関へ
元気に入っていきました。
お願いした若の分の鞄も持ち、何度も振り返りながらニコニコ手(パー)を振る殿・・・
いつもは「どうして僕だけ行くの(._.)」と困らせるのにね。
昨夜から話しておいたのが良かったのかな(・・?
それとも鞄をお願いした事でお兄ちゃんスイッチが入ったのかも・・・
何度も「先生になんて言うんだっけ?」と確認していたから。
かっこいい殿を見れて何だか嬉しかった。

病院での診察・・・若の番が来ました。
毎日自宅でやっている治療と同じだし、痛みも少ないからか泣きませんでしたわーい(嬉しい顔)
『今日見た感じだと大丈夫そうですね。それほど深い火傷じゃなかったようだね』
と言われて一安心ダッシュ(走り出すさま)でもまだしばらく包帯生活が続く。
痛みがほとんど無いからか、今度は気になり煩わしくなってきたようで
包帯ネットをクルクルっとはずし昨夜から包帯を取ることを覚えてしまったバッド(下向き矢印)
取って→触って→痛くて・・・の繰り返し。
何度言ってもすぐ取ってしまうから包帯の上をハンカチで巻いて寝かせました。
病院の先生は「靴下をかぶせるのも良いよ」と言ってた。
中指の皮は剥がれたままだけど人差指の方は大きな水ぶくれになってるし
やっぱり手は良く使うので(若ってば器用に使ってるんです^_^;)
ガーゼや包帯もずれやすくて・・・だから取りやすいのもあるかもたらーっ(汗)
触って破れたら又大変なので必要性があれば靴下作戦もあり?
とりあえずはハンカチで様子をうかがおう・・・

ついでに喘息の薬も貰いに寄って、その後若を保育園に送ってきた。
病院に居る時から甘えモードだった若は案の定、車から降りたがらない。
「若〜今日の給食カレーだよレストラン
その言葉に「カレ〜ハートたち(複数ハート)」と即反応(^m^*)
無事登園しました。
posted by よつば at 15:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 若の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小さい子供って何をしだすか分からないから、ヒヤヒヤですね。
花火の先端を触るなんて、大人では絶対にありえないけど、子供は関係ないんですね。
そういえば、昔、私の目の前で、当時2歳の妹がアイロンを手の甲に押し付けて大やけどを負ったことがありました。
しかも、昔のアイロンって重いじゃないですかぁ。
私もどうすることもできずに、泣いている妹をただ困った顔で見るしかできませんでした。
Posted by スジャータ at 2006年09月06日 06:13
ご訪問ありがとうございます♪
こんなブログですが又良ければ覗いてくださいね。

あ〜家の妹も小さい時ストーブに抱きついてアゴを火傷したことがあったなぁ。
私自身も0歳の時入れたてのお茶がかかって腕を大火傷しています。
痕も残っていますが腕の内側である事と、年々薄くなり
今では言わなきゃ分からないほどなので私自身あまり気にしてないです。
母は女の子なのに…とどちらの時もかなり心配したようです。
Posted by >スジャータさんへ at 2006年09月06日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。