2006年09月03日

 発達障害とは?

発語が遅い・・・最初のきっかけはそこでした。
でも男の子は遅いって言うし、「殿も2歳からだったしな〜」なんて最初は気にも留めていなかった。
でも「何かが違うかも・・・」と感じ始めたのは2歳になってから。
てんかんで通っていた小児科の先生に相談して、言葉の掛け方などを工夫して様子を見ていました。
「そろそろ発達の検査をしてみましょう」と言われたのが今年の1月。

そして2月・・・若には発達障害があると聞かされたのです。
なんとなく覚悟はしていたけど、離婚したばかりで気持ちが安定していない私には
事実を受け入れる心の余裕がありませんでした。
何をしていても泣けてきました。  「どうしてこの子ばかり」と・・・

障害については、まだまだ勉強中の私・・・知人に聞いたりネットで調べたり。
この春に、教室へ通いPC操作をようやく習得!!
PCをフル活動させて同じような子供を持つ親御さんのブログを覗いては
情報収集もしています。
皆さん沢山勉強されてて脱帽です・・・頭が下がります。

ここではネット上の辞書から見つけた内容を紹介します。
そして何よりも最初に、発達障害は脳の機能障害であり心の病気ではない!
と言うことを知ってください。
これを読んで一人でも発達障害への理解を持って貰えたら・・・と願います。

広汎性発達障害
広汎性発達障害には下記のようなものが含まれる。
なお、知的障害の無い、もしくは軽いものは高機能広汎性発達障害と呼ばれ、
軽度発達障害に分類される。
●小児自閉症
3歳以前に発症する発達異常・障害で、以下の3つを特徴とする。
 @相互的社会的関係の障害
 Aコミュニケーション障害
 B関心・活動のレパートリーの著しい制限・常同性
てんかんなどの脳波異常や脳室拡大が合併する事もある。
難治性ではあるが進行性ではなく、一患者に於いては発達が見られる。
約1000人に1人で男:女=4:1。人種による差はない。
聴覚障害と鑑別しなければならない。
聴覚障害や癲癇(てんかん)は脳波を取ることで客観的に検査できる。
治療は、コミュニケーションを促す療育的対応を基本として、個別一過性の症状には
対症的な薬物療法を行う。
予後は、社会の受け入れ態勢の整備と共に徐々に改善してきている。
幼児期にIQが高かったり、意味を持つ言葉の発達が良好であったりその消失がなければ、予後は比較的良い。
完治しないが悪化せず、年齢とともに症状は軽減する。
●非定型自閉症
3歳以降に発症し、小児自閉症の3つの症状が揃わない、など定型的でない自閉症。
●レット症候群
広汎性発達障害の最重症型。乳児期〜2歳頃から目的ある手の動作や会話をできなくなる。手を洗うような常同運動をつづけ、噛む運動もできなくなる。児童期には体幹失調・脊椎変形・舞踏病様運動・てんかん発作が現れ、進行性に運動機能が崩壊する。精神遅滞は重度。女児のみに発症。
●その他の小児<児童>期崩壊性障害
●アスペルガー症候群
広汎性発達障害では最も軽症の型。言語・認知的発達の遅滞はない点で、小児自閉症から区別される。
●知的障害〈精神遅滞〉と常同運動に関連した過動性障害
●その他の広汎性発達障害
posted by よつば at 17:46| Comment(2) | TrackBack(1) | 発達障害について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。ゲスプが見当たらないのでここへきました。よつばさんotupokoさんだったんですね。だれだろう???て思ってました(*^_^*)リンクよかったらしてくださいね。またこちらも遊びに来ますね。
Posted by 翔&翼ママ at 2006年09月05日 11:00
早速のご訪問ありがとうございます(^^♪
ほんとに開設して日が浅いヒヨっ子ブログなんですけど、ぜひぜひ又来て下さいね。
では、リンクもさせていただきます。

SeesaaはYahooの様なゲスブは無いんです。多分・・・^_^;
私が知らないだけで作れるのかもしれませんが、
なにぶんパソコン初心者なのでお許しください_(._.)_
Posted by >翔&翼ママさんへ at 2006年09月05日 13:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23204703

この記事へのトラックバック

レット症候群
Excerpt: 12. レット 症候群 ●レット症候群とは レット症候群とは、女児のみに起こる進行性の神経疾患で、知能や言語・運動能力が遅れ、常に手をもむような動作や、手をたたいたり、手を口に入れたりなどの動作を繰..
Weblog: 症候群症候群
Tracked: 2006-10-09 17:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。